2013年11月28日

世界一行きたい科学広場2013 in 浦安 に参加しました



先週の土曜日は 東海大主催の「世界一行きたい科学広場2013 in 浦安」に
浦安市郷土博物館、3団体と一緒に参加しました。

PB230286.JPG

PB230277.JPG


今年で2回目の開催になるそうですが、当日は天気も良く、予想を超える1500人超の
参加者が来たそうです。すごく賑わっていました。
われらのブースは化学実験室に陣取り、
生き物タッチプール(今回は秋口ということもあり、生き物採集に大変苦労しました)やら
PB230285.JPG

貝殻アートなど、200〜300人くらいの方たちが来てくださいました。
終盤は、貝殻が売り切れてアワアワしていましたが、さすが子供はみな、アーティスト!
なきゃないで、あるもので作品をつくっちゃうんですなー。素晴らしい★
PB230284.JPG


それにしても、小学生〜中学生くらいの世代が熱心に参加していました。
ほぼ無料でいろんなブースに参加できるというのが大きいのかしら。
あとは東海大のネームバリュー?これだけ関心ある人がいるなら、私たちのような
団体も自分たちの活動へ、うまく誘導したいです。
posted by まるごと at 21:44| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

今年のスズガモはどうだ〜 野鳥観察会ありましたよ


先週の日曜日(11/17)は野鳥観察会でした。
例年になく、今年の11月は晴天が連続で続いているそうですが
その初日で、風もほとんどなく、本当にバードウォッチング日和になりました。


参加者は15名ほど。行徳野鳥観察舎の東夫妻を講師に迎え、入船ゲートから出発しました。
猫実川河口に約3万羽の群れ。ほとんどスズガモです。
無題.jpg

スズガモは夜行性なので、日中は睡眠の時間です。
スズガモの群れの中に、カイツブリの仲間や、ホシハジロ、ホオジロガモ、ウミイサなど
こちらは食事中の種類がみられました。

護岸には、こちらも食事中のオオバン、ヒドリガモ、オナガガモが。
オオバンが潜ってゲットしたアナアオサをヒドリガモがちゃっかり頂いてるところも
目撃しました。
カモのオスの多くは日本での越冬中に繁殖のペアを作るのですが、この時期にきれいな
繁殖羽に換羽します。換羽Going中のカモがたくさん見られました。

観察会のゴールは、墓地公園。結構歩きました。シンボルロード工事中の土なのか、
公園内に行徳富士…なみの盛り土がいくつもありました。
ゴール付近では、木が多くなるせいか、鳥の声もたくさん聞こえました。
鳴き声、さえずりを覚えれば、ぐっと楽しくなりそう。便利なタブレットとか、開発してください!だれか!


観察した鳥の種類 32種
ハジロカイツブリ・カンムリカイツブリ・カワウ・ヒドリガモ・スズガモ(圧巻の3万羽)・ホオジロガモ
ホシハジロ・オナガガモ・ウミアイサ・オオバン(近年激増?)・ハマシギ・イソシギ・セグロカモメ
ユリカモメ・スグロカモメ(世界的に見ても珍しいです)・オナガ・キジバト・ハクセキレイ
ヒヨドリ・カワラヒワ・スズメ・ムクドリ・オナガ・ハシボソガラス・ハシブトカラス
コサギ・ヒバリ・モズ・メジロ・ウグイス・タヒバリ・ビンズイ
posted by まるごと at 11:31| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録:鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。